日本のウイスキーの歴史

日本のウイスキーの歴史

この記事に書かれていること

ウイスキーの伝来
ジャパニーズ・ウイスキーの誕生
日本のウイスキーが世界一に!

はじめに

普段何気なく飲んでいる国産のウイスキーの歴史をご存知ですか?日本のウイスキーの歴史には鳥井信治郎と竹鶴政孝という2人の人物が大きく関わっており、日本のウイスキー市場を支え続けました。彼らの活躍を知った後のウイスキーの味は一味違うかもしれません。
ここでは、日本のウイスキーの歴史を紹介します。

ウイスキーの伝来

日本にウイスキーが伝来したのは江戸時代の黒船来航の時で、マシュー・ペリーが浦賀で奉行や通訳にサスケハナ号で振る舞ったことが一番古い記録で、1853年のことです。
そして、日米修好通商条約が締結され、1859年にいくつかの港が開港されると、日本に暮らす外国人のためにベーカー商会やタサム商会などがウイスキー国内に持ち込まれました。明治維新後の1871年になると、日本の薬種問屋が積極的に輸入をしはじめ、これが最初の日本の公式的な輸入になりました。当時の外国の文化を象徴するもののひとつでしたが、今ひとつ消費が伸びず、明治末になっても酒類市場の中でウイスキーのシェアは低いままでした。
また、この頃は本格的なウイスキーはありませんでしたが、薬種問屋が外国から酒精アルコールを使用して、砂糖香辛料を加えた調合ウイスキーを販売していました。

ジャパニーズ・ウイスキーの誕生

1918年に竹鶴政孝がスコットランドに渡り、グラスゴー大学で得た蒸溜技術を日本に持ち帰ったことからジャパニーズ・ウイスキーの歴史は動き始めます。関東大震災後の1923年になって鳥井信治郎は、酒造を退職していた竹鶴政孝に対して10年の契約を条件に手を組みました。そして調査と話し合いを重ねた結果、大阪府にある山崎に国内初となるウイスキー蒸留所となる「サントリー山崎蒸溜所」の建設が決まります。この地は、かの有名な千利休が茶室を置いた場所で、宇治川を始めとする3つの川の存在と水質の良さが決め手となったのです。

山崎蒸留所の完成と国内初のウイスキー

1924年、ついに山崎蒸留所が完成し、その年の冬から待ちに待ったウイスキーの蒸留が始まります。日本で育った大麦と、イギリスから取り寄せたピート(泥炭)から国内初のウイスキー「白札」の製造が始まりました。スコッチウイスキーの代表であるジョニーウォーカーの黒ラベルなどの輸入品ウイスキーと引けをとらないクオリティでしたが、ウイスキーに慣れていない当時の日本人にとって、白札のスモーキーフレーバーは煙臭いと良い評価が得られませんでした。
そこで諦めることなく鳥井信治郎はさらなるウイスキーの改良に励み、1937年に「角瓶」を発売、消費者から好評を得ることに成功します。その3年後の1940年「サントリーウイスキー黒丸(現サントリーオールド)」を完成させますが、第2次世界大戦の影響で市場に出回ったのは1950年になってからでした。大戦の被害により鳥井信治郎率いる寿屋洋酒店の大阪工場は失くなったものの、山崎蒸留所の原酒は被害を受けなかったことは不幸中の幸いでした。

戦後のウイスキー

戦後、日本人が国産のウイスキーを飲むことは減り、主にアメリカ軍関係者をはじめとするアメリカ人が消費していました。そこで鳥井信治郎がGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に自社製品のウイスキーを売り込んだところ、将校たちから好評を得ました。日本の戦後復興と共に、ジャパニーズ・ウイスキーのクオリティと国内における需要が上昇し、1946年、大戦の被害を免れた原酒を用いて「トリスウイスキー」、1950年に戦前に製造していた「オールド」を販売します。1950年代に東京・大阪を中心にトリスバーが次々に開店したことをきっかけに、ハイボールなどのカクテルが人気になります。
1952年、竹鶴政孝が設立した大日本果汁は「ニッカウヰスキー」に、鳥井信治郎が設立した寿屋は「サントリー」と1963年に社名が変更されます。

日本のウイスキーが世界一に!

1955年の高度経済成長期に入ってから、国内におけるウイスキーの消費量は増加、1980年にはサントリー販売のオールドの年間出荷量が1,200万ケース以上を売り上げる世界記録を打ち立てます。それから程なくして、国内のウイスキー市場は停滞期に入ります。そのような状況を打破するべく、国内酒造メーカーは多くの課題に取り組み、その中でも中小の酒造メーカーが生産するイチローズ・モルトといった「地ウイスキー」に注目が集まるようになります。このように、年ごとにウイスキーの消費量が下降する状況に見舞われることがありましたが、2009年にはウイスキーの消費量は回復に向かっています。

まとめ

江戸時代の黒船来航時にウイスキーが日本に伝わり、「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝がスコットランドに留学したことでジャパニーズ・ウイスキーの歴史が始まりました。
サントリー創業者の鳥井信治郎、ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝の2人が手を組んだことで今日のジャパニーズ・ウイスキーが存在します。

The following two tabs change content below.
和食とウイスキー

和食とウイスキー

意外と合う和食とウイスキー。その魅力についてまとめたサイトです。普段慣れ親しんだ和食に大人の彩りを添えてみませんか?
和食とウイスキー

最新記事 by 和食とウイスキー (全て見る)